わたしの

2014年12月27日 土曜日の記録

前回、逆子も治ってたし、今回は、通常通り、検診へ。
そう、完全に油断してたよ。
エコー開始して、すぐ。「あれ?変なとこにあるなー。逆子だ」うっそーーーーーー!!
そうです。また、逆子になっちゃってたみたい。もう、臨月だぞ、おい。
はぁ、、また逆子体操とか言われるのかなー。なんてかなり、能天気でした。
先生、いきなり、私の下腹部に、手を食い込ませてものすごい力で押してきました。
イタタタタタタタタタタタタタタ!!!!!!!!!痛すぎて笑えた。
そして、先生、「うん、まわりそうだ、点滴してきて。」えーーー!!!やだー!!もう、やだー!
と、心の中で叫んだものの、言われるがまま、点滴を開始する。
「ちょっと早いスピードで点滴するので、気分が悪くなったりしたらナースコールを押してください」
怖い、怖い、薬怖い、点滴怖い。もう、そういうの受け付けないの私。
そんなこと考えて点滴してたら、心臓がバクバクバクバクしてきた。
え、私ってそこまで怖がりだったかな。もう、ストレス半端じゃない。
そして、点滴つながれたまま、先生の元へ。
で、始まった、外回転術。次いでに、痛み止めも点滴してくれればよかったのに。
ギャァァアアアアアアアアアアアア!!!
と、心の中で叫んだ。力を抜いてくれとか、無理言ってくる助産師さん。経験してみろバカヤロー!!
陣痛より痛いことは、世の中、まだまだ沢山あるわ。
で、回りました。回ったの!!治ったの!!
痛すぎて、直に喜べない。のちにネットで調べてみると、外回転術の成功率は60~70%で、さほど高くない。そんな中、成功したんだから、喜ぶべきだけど、正直、こんな痛みを耐えたんだから、成功して当然だ!!!!と思っちゃうわ。
まだ、心臓バクバクだし、なんだか、フラフラしてて、先生に、ありがとうございましたも、言えなかった…。
外回転術が終わって、今度は、内診台に呼ばれました。これも大嫌い。あーーー帰りたいーーー。
内診終わったと思ったら、今度は、モニター…。あーー長い一日だぁぁぁ帰りたーいーーーー。
モニター中に助産師さんが言っていました。
「経産婦さんは、お腹に余裕があるからなのか、どうしても逆子になりやすいんです。この間も、分娩中に逆子になっちゃって、急遽、帝王切開になった人がいますよ。今の時期、大掃除とかあると思いますが、床に這いつくばったり、高いところに手を伸ばしたり、なるべくしないように。また、旦那様などに、やってもらってくださいね。」
そーなんだ、ちょうど、昨日、パソコンまわりを大掃除して、高いところに手を伸ばしたり、床に、這いつくばって、掃除してたなぁーあはは、それで回っちゃったのかなー…。
もう、やめよう。
モニターの結果。すごい張ってますね。外回転術の後は、張りやすいので、張り止めを出しましょう。
だって、私、たぶん張りやすい体質だから、このくらいふつうなんだけど。
点滴の副作用で、ぼーーとする。何もやる気がしない。
いつも買い物してのんびり帰るけど、今日は、すぐに、帰りました。
しょうちゃんに、散々愚痴って、お昼は、大好きな大戸屋でランチ。ランチ中も、異常に低いテンション。というか、この日一日中ぐったりでした。
私、薬がよーく効く体質なんだなー。
張り止めの薬は、点滴と同じような副作用があると。もう、飲むのやーめた。
本当につらい一日でした…。
どうなってるんだ、3人目…。

2014年12月27日

外回転術

Tags:,

Category:こども

わたしは当時

長女5歳5ヶ月4日

長男3歳2ヶ月11日

妊娠9ヶ月35週5日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  

Archive

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2009年
2008年
2007年

Calendar

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Search