わたしの

2013年12月7日 土曜日の記録

年少さん お遊戯会 三匹のこぶた

プレッシャーを感じやすい長女。プレッシャーになりそうな発言は禁句でした。「がんばってね!」とか。「楽しみにしてるよ!」とか一切言わず。
それでも、お遊戯会の前日、寝る前、布団の中で、「やだ、あした、みんなみにくるの。長女、どきんとする」と、可愛いこと言った。
そして当日、おゆうぎかいは楽しみ!でも、みんなに見られるのは緊張する!そんな感じでおかしなテンションになる長女。
長女のクラスは、三匹のこぶた。長女は、ちーぶたちゃん(レンガの家)の役。
ハードルの低い、幼稚園なので、役と言っても3役。おおぶた(わらの家)と、おおかみの3役のみ、木の家までやると長くなるので、3匹のこぶだだけど、登場するのは2匹のみ。
劇ではなく、歌。振付と歌でお話が進んでいきます。
役は、お面が違うだけで、歌も振付もみんな同じ。
おゆうぎと言っていいのか?ってレベルでしたが、親ばかにとってはこれでも感動
と、いうが、舞台に立って、歌ってる時点で感動。年少さんなので、何人も「おかーさーん!」って手を振る子もたくさんいたし、歌か?ってくらい大声で顔真っ赤にして歌ってる子とか、本気で笑えるくらい面白い。
長女は、わたしの姿を見つけると(最前列にいました)
隣の友達に「おかーさん、いたー!みてみてー!おかーさーん! あ、長男もいる、みてみて、かーくーん!」と。劇の最中も、おかーさん、長男!を連発。
でも、歌もしっかり大きな声で歌っていたし、振付も出来てたし、座る場面で友達にフォローされてる場面もあったり。
笑顔も見れましたが、明らかに緊張をごまかすしぐさ。きっと、見た目以上に緊張してたことと思いますが、それでも、やることやって、偉かった!
本当に楽しい日になりました。

お遊戯会

2013年12月7日

おゆうぎかい

Tags:,

Category:こども

わたしは当時

長女は4歳4ヶ月13日 長男は2歳1ヶ月20日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  

Archive

2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2009年
2008年
2007年

Calendar

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Search